休職 はじめました。

2019.12に「軽−中程度のうつ」と言われ、2020.4から休職。治療経過と、日々の気づきや考えを綴っていきます。

【休職329日目】認めたくない気持ち|午後の診察に向けて

こんにちは、emustanyです!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

/

この記事のタイトルを入力しながら、もうすぐ「休職333日目」だなぁなどと。

 

ゾロ目、好きです。

いや、好きってほどじゃないけど気になります。

 

昔から誕生日とか自宅マンションの部屋番号と同じ数字が並んでいると気になります。

「あ、ほら今2時13分だよ、”213”じゃん!」とか。

「この電話番号、わたしの誕生日 ”629” が含まれてるよ!」とか。

#あ、上の数字は適当ですよ。(笑)

 

夫に話しても理解してもらえないんですが、皆さんはそういうのないですか?

\

 

 

 

今日の午後は診察です


タイトルのままですが、午後から診察があります。

 

 

今回もオンラインです。

 

3月入ったら血液検査しましょうか、ということだったんで次回は対面かな?

 

 

 

前回の診察が2/10(水)なので2週間強経っているようです。

 

・・・早くない?(;´Д`)

 

 

 

 

何なんだろう。

 

この「何も変わってない・成し遂げてないうちにすぐ次の診察になっちゃう」感じ。。

 

 

焦るわー。

 

 

 

前回の診察は、その前週に受けたカウンセリングをきっかけに、気分の落ち込みや涙が止まらない週末を過ごした直後でした。

 

 

先生の言葉、改めて読んでみてもありがたいなぁ。

 

  • いろいろ壁にぶつかる中で「これは問題だ」と思っても、現実にそれで今までずっと来ているからそう簡単には手放せないもんです。
    「手放して別のやり方をやりなさい」と言われたって、使い慣れていない・新しいやり方をしなきゃいけないわけだから、それに伴う不安もあるし、「本当にこれでいいんだろうか」「せっかくこれで今まで来たのに」って思いも、当然ありますよ。

  • 先に進む・変わるスピードって個人差があるけど、早く進んでいる=よく理解しているとは限らない
    急速に変わる人は、表面的な理解・表面的な変化に留まっている可能性がある。

  • それよりも、本人がよく納得をして、本当にこれだって感覚を持てるかどうか
    そうやって進んでいく方がいいんじゃないかな。

 

  • 「相手を変えることはできないから、あなたが変わるしかない」という考え方に対して、カチンとくるという患者さんがいます。
    これって結局、子どもの頃から親とか周囲に対して気を遣って、自分が我慢してやってきて具合を崩すことになったのと全く同じ構造のことをしていることになるんです。
    相手は変えられないから自分を変える、自分が相手に合わせる、というのはそういうこと。

  • 自分が変わる目的というのは自分のため
    「相手との関係を良好にするために」「相手を変えるために」「相手のために」何かするんじゃなくて。

  • 相手と上手くいかないのを良好にするためにあなたが変わるのではなく、そういう変わり方をしなければ良好な関係を保てない相手とは無理に良好な関係を保つための努力をしないで済むような自分に変える、ということ。

 

  • emustanyさんの場合は、パッパッと答えが出るというより、ひとつひとつ考えていく方がいいんじゃない?
    ひとつひとつ立ち止まって、カウンセラーに言われても納得できなくて、リワークに出ても納得できなかったりイライラしたり、それは大切なことだと思う。
    パッパッパッとできなくてもいいですよ、全然。

  • 私の感じでは、いろんなことを今まで考えなかった視点から考えるようになっていると思うから、3年かかるうちの1年分は確かに進歩していると思うんですね。
    ただ、あなたの中で1年で一気にこれといった答えが見えないから戸惑っているかもしれないけど、1/3くらいはちゃんと進んでいると思うから、あまり焦らずに、考えてみたらどう? 

 

 

 

 はぁ~、癒し。(*´ー`*)

 

 

まぁこのやりとりから2週間経った今、何か具体的に変わったかといえば全然そんなことないんですが。

 

 

 

 

 

今日は主にこんなことを話そうと思っています。

#診察後はちょっと違うことをしようと思っているので、実際のやりとりは明日更新したいと思います。

 

  • 今月のリワークを通じて、「自分は一体何のために休職をしているのか」よく分からなくなってきた。
    ・わたしはうつだったのか?
    ・わたしは自律神経失調症だったのか?
    ・わたしは本当に病気だったのか?
    ・わたしが不調になった本当の原因は何だったのか?

 

  • アドラーの目的論(=『人間の行動には全て目的がある』)からすると、例えばこんなこと↓が考えられそうだが、もしそうだとしたら何だかゾッとする。
    ・仕事(トップオーダー案件であるプロジェクトや、そこで出会った価値観の合わない人達、昇格試験等々)から逃げようとしていたのだろうか?
    ・病気(兄と同じ「鬱」)になることで、両親から注目を得たり、離婚を引き留めようとしたのだろうか?
    アドラーの目的論については こちら など参考にされてみてください。

 

  • 「何の病気だったのか」や「原因は何だったのか」ということを、どこまで明らかにするべきなのか。
    先日のリワークの最後、先生は「皆さんに ”なぜ自分は悪くなったのか” を考えて考えて、理解してもらいたい。こうやって考えるからこそ、”なぜ治ったか” も実感が湧く。」と仰っていたが、これを受けて振り返りをしようと思うものの、思うように進まずモヤモヤしている。
    完璧にやろうとしているからかなと思う反面、「こんなモヤモヤしたまま復帰していいのだろうか」と考えたりするところを見ると、まさか自分は本当は「治りたくない(復帰したくない)」と思っていたりするんじゃないかと戸惑っている。

 

 

 

はい、最近のモヤモヤについて、正直なところを書いてみました。

 

相変わらずの「考えすぎ人間」っぷりを発揮していますが、何だかもうよく分からなくなっちゃってですね。

 

 

目的論のとこなんて、”ゾッとする” と書いてますけど、もし本当にそうなのだとしたら、ゾッとするどころか正直そんなの認めたくない・・・。

 

 

「なんて自分はズルいんだ」

「逃げるなんて卑怯だ」

「そんなことで1年も休みやがって」

「いい大人のくせに」

などなど・・・

 

罪の意識でいっぱいになって、徹底的に自分責めをするでしょうから。

 

 

 

 

ああああ、不安になってきた。

 

 

この不安は・・・

 

 

先生に話すことで決定的になってしまう(最後通牒を突き付けられる)という不安?

 

そんな自分は到底認められない、それじゃダメって思うからこその不安?

 

 

もしかしたらブログを読んでくださる方に失望されるんじゃないかって不安もあるかも。。

 

 

 

 

こんな時こそ、ルーレット回しておきましょうね。

 

f:id:emustany:20210226115451p:plain
f:id:emustany:20210226115456p:plain
f:id:emustany:20210226115503p:plain
いい感じのが出ました。

 

 

 

 

さ、いったん思考から離れて、お昼作ろ作ろ。

 

 

 

 

 

*おわり*

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

次回更新でまたお会いできますように!(*´ω`*)エヘヘ 

 

◎ランキング参加しています。
「応援してやるか」と気が向いた日には、ポチッとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 

◎よろしければこちらでもお待ちしています。('ω')ノ
Instagramhttps://www.instagram.com/emustany/

Twitterhttps://twitter.com/emustany

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

【休職328日目】一体何に縛られているの?|スタバで過ごす自由時間

こんにちは、emustanyです!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

/

昨夜寝る前、「青春18きっぷで3月どこ行こう?」と考えていたら、すごくワクワクしました。

 

最近は夫と一緒が多かったけど、彼は道中を楽しむタイプでないので変に気を遣う。

今回はひとりで5回分全部使っちゃおうかな。

 

なんなら一度やろうと思っていた1泊旅にしてもいい。

ビジネスホテルならひとりでも全然問題ないし。

 

 

こんなに簡単にワクワクできるなんて。

やっぱりわたしは旅というか、知らない景色に出会い、知らない土地を歩くことが好きなんだなと思うのでした。

 

※もちろん行くときは感染対策はちゃんとしますよ。悪しからず!(*´з`)ノ

\

 

 

 

久しぶりに早めに起きてスタバへ

 

いま、スタバにいます。

f:id:emustany:20210225092604j:plain

SAKURAシリーズは本当毎年大人気ですよねぇ。見ているとどんどん売れていく。
ピンク苦手な私は毎年見て楽しむだけです。


 

 

最近は夫の起きる時間(9時半始業なら9時頃)まで一緒に寝ていることが多かったのですが、今日は久しぶりに早め(7時過ぎ)起き上がりました。

 

朝家事は一切やらずにササッと準備を済ませてスタバに向かう道すがら、冷えた朝の空気を吸って、「そうだ、わたしは自由だったんだ」と思いました。

 

 

 

「夫の起きる時間まで一緒に寝ている」と書いたけど、先に目は覚めているのだけど布団でスマホいじってることも多いです。 

 

そうして夫が起きる時に一緒に起きるのですが、何だか時間を無駄にしたような気になってしまう。

 

 

 

「さっさと起き上がれば、もっと時間ができるのに。」

「せっかくの朝時間、もっと ”いい” 時間の使い方あるじゃん。」

「なんでそうやってもったいない過ごし方するのよ。」

 

無意識にそうやって自分を責めていたかもしれません。

 

 

 

 

朝散歩に行かない日は起きて着替えたら朝家事の開始です。

 

昨夜の食器を片付けて、夫のコーヒーを用意し、洗濯を開始して、makitaかクイックルをかけて、植物を陽の当たる場所に移動させて、洗濯をたたんで干して。

 

 

9時起きの場合、これでだいたい10時半くらいになっているでしょうか。

 

 

 

ちなみに朝食はたいていふたりとも食べないので、朝家事に「朝食づくり」がないのは幸い。

(これは平日の話で、休日はブランチとしてパンケーキとか何かしら食べます。)

 

 

わたしは何とな~く夕食断食/16時間断食を意識して、朝は家事の合間にナッツやチーズを軽くむしゃむしゃ。

 

夫も、手軽なもの(小ぶりのパンとかレンチンするだけの焼おにぎりとか)があれば食べたりしますが、早めに起きてまで食べたいという欲はないようです。

 

 

 

こうして朝家事を終え、少ししたところで、今度は昼食をどうしようかと考え始めます。

 

最近は夕食断食/16時間断食を意識していることもあって、昼食を一番しっかり作るので、献立を考えたり実際に作るのにそれなりに時間がかかるのです。

 

 

 

夫の昼休みが12時~13時なので、そこに合わせて作るとなると11時半には取り掛かり始めなければなりません。

 

朝家事を終えて10時半、昼食づくりに取り掛かるのが11時半。

 

 

 

まぁこうなると、午前中はほぼ家事で終わっているんですよね。

 

ようやく腰を落ち着けてブログを書いたり自分のことをし始めるのは午後になってから。

 

 

だからこそ、早く起きればもっと時間ができるのに、と常々思っているわけです。

 

分かっているのにやらない、何となくできない。

 

 

 

 

不思議だなと思います。

 

休職する前のわたしは早起きしていたんです。

 

 

5時過ぎに起きて、6時過ぎに電車乗って、7時前にはオフィス最寄りのカフェにいて、8時半前後には仕事開始していました。

 

休職直前、3月に毎日在宅勤務していた時は、6時起きで7時に勤務開始してました。

 

 

 

でも夫の勤務開始に合わせて起きるようになった今、5時起きなんてとんでもないと思います。

 

とてもじゃないけど、できる気がしない。

#まぁ特に今は冬だからっていうのもあるけど。夏は起きやすい。

 

 

 

当時、寝る時間は23時くらいだったので、5時起きだと睡眠時間は6時間。

 

昼間に眠気が出るわけでもないし、6時間も寝れば十分だろうと思っていたけど、実際どうだったんだろう?

 

 

初診の時、アインシュタイン先生がわたしの持参したメモを見ながら

「それと・・・なんでこんな早起きしてるの?」

って言われたのを覚えています。

 

 

ショートスリーパーロングスリーパーもマイノリティなわけで、やっぱりちょっと異常だったのかな。

 

 

 

当時のことを思い出すと、どうしても今は寝すぎな気がしてしまうのですよね。

 

下手に「昔取った杵柄」のような早起き生活の実績があるだけに、今の生活を肯定しきれない感じ。

 

 

 

「前はもっと早く起きれていたじゃん。」

「今あの時みたいな生活スタイルにしたら、すっごい時間あって自由だよ。」

 

って思ってしまう。

 

 

 

 

もちろん早起きしたらその分自由な時間は増えるでしょう。

 

 

だけど、本当にそう?

 

早起きしないと自由な時間はできないの? 

 

自由な時間がないって、何に縛られてるの?

 

 

 

今日は確かに早めに起きました。

 

でも、そこでいつも通り朝家事をして家でブログを書いていたら、もしかしてそんなに「自由な時間が増えた」とは思えなかったかも。

 

 

スタバに行こう、といつもやっている朝家事を放って出てきたからこそ、「わたしは自由だったんだ」って思えたところもあるんじゃないのかな。

 

 

 

 

だとしたら、もうこれは自分自身の問題です。

 

 

「家事をする自分=OK、家事をしない自分=NG」と思っているのかもしれない。

 

あるいは「自分のことよりも家のこと」と優先づけているのかも。

 

 

 

ここで昨日のルーレットです。

 

 

 

5回ほど回してみましたよ。

 

  • そうじゃないかもしれない。
  • それな!
  • それはなぜ?
  • それも自分
  • それじゃどうしようか。 

 

 

 

「そうじゃないかもしれない。」

 

そうね、家事をしたからOK、じゃないよね。

 

家事をしなくてもわたしはOKだよね。

 

 

 

「それはなぜ?」

 

家のこと>自分のこと、は母の姿な気がするなぁ。

 

休職で仕事していないから家事を頑張らないと、って負い目もありそうだし。

 

 

 

「それじゃどうしようか。」

 

意識して家事を手抜きしたりサボる。

 

今日はやらない、明日に回す、後でやる、見て見ぬふりする、夫に頼む。

 

むしろ家事をやらなかったことをほめちゃう!

 

どうしても家にいると目に付いてしまって難しいなら、いっそ外に出る。

 

自分のやりたいことを思い浮かべて、すぐできるなら叶えちゃう。

 

 

 

 

 

・・・そんな感じ?

 

もう本当、縛られているものが多すぎて疲れるわ、自分。(苦笑)

 

 

 

 

 

*おわり*

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

次回更新でまたお会いできますように!(*´ω`*)エヘヘ 

 

◎ランキング参加しています。
「応援してやるか」と気が向いた日には、ポチッとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 

◎よろしければこちらでもお待ちしています。('ω')ノ
Instagramhttps://www.instagram.com/emustany/

Twitterhttps://twitter.com/emustany

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

【休職327日目】わたしをラクにする40の「そ」

こんにちは、emustanyです!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

/

2月ってやっぱり短いですよね。

今日はまだ24日なのに、週末が終われば3月突入。

 

もう1年の1/6が終わるって・・・早くない? 

\

 

 

 

『言葉』に意識を向けていきたい


最近、『言葉』に対する感度がやたらと高くなっています。

 

普段自分が「何気なく口にしている言葉」や「頭の中で無意識に使っている言葉」に対して、何かと意識が向くようになりました。

 

 

きっかけは恐らく12月や1月のリワーク。

 

「リフレーミング」「セルフトーク」について学ぶ中で、言葉の持つ力・効用を理解しました。

 

 

#言葉を置き換える「リフレーミング」についてはこちら。

 

#自身に投げかけている「セルフトーク(内言)」についてはこちら。

 

 

 それに、(昨日トライしたけど途中でギブアップした 汗)振り返り的なものをやっていても

 

「次に同じことが起きたらどう行動すればいいか」

「どんなことに気をつけていけばいいか」

 

といったことを考えていると、自然と『言葉づかい』についても考えます。

 

 

 

 

そんな折、昨夜いつものように寝る前のヨガストレッチをしていたら、ある発見をしたんです。

 

それは、わたしが今後積極的に使っていきたい言葉は、不思議と「そ」で始まるものが多いぞ?ということ。

 

 

 

とりあえずババッと書き留めておき、改めて今整理してみたら、こんな感じにまとまりました。

 

▼共感、同意する
  • そっかぁ
  • そうだよねぇ
  • それな!
  • そうだそうだ
  • そりゃそうだよね
  • そうだったのかー
  • それもそうか
  • そのとおり
  • そう来たか

 

▼否定する

  • そんなことないよ
  • それほどでもないよ
  • それはなぜ?
  • それ本当?

 

▼視野を広げる(疑ってみる、他の可能性に気づく)

  • そうかもしれない
  • そうじゃないかもしれない
  • (本当に)そうかな?
  • そんなに?
  • そこまで?

 

▼グレーを許容する(白黒・イチゼロへのこだわりを和らげる)
  • それでもいい
  • それもいい
  • そんなもんだよね
  • そういうこともあるよ
  • そうなんですね~
  • そのままにしとこう
  • それぞれだよね 

 

▼完璧/100点を目指さない

  • そのままでいいよ
  • そこそこでいいじゃない
  • そうだったらいいのにな 

 

▼思考停止から脱却する

  • それじゃどうしようか
  • それだけのこと
  • それでそれで?
  • So What?(それがどうした)
  • (もし)それがなければ?
  • それはそうと

 

▼後押し、応援する

  • そうしよっか
  • そうしてみよう
  • それがいい
  • それもいいじゃない

 

▼認める、受け入れる

  • それも自分
  • そういうこともあるよね

 

 

 

どうでしょう?

#あれ、まさか若干ドヤ顔してるのバレてます?笑

 

 

 

補足すると、最初からこの言葉を使うということではありません。

 

 

最初からポジティブな言葉、自分を勇気づけたり励ます言葉を使えるに越したことはないのですが、なかなかそれができず自動思考から出た言葉で刀を振り回してしまうので・・・

 

対処策として、自分が何気なく使った言葉が後ろ向き・ネガティブだと気づいたら、ここにある言葉に置き換えたり、そのままマイナス方向に引っ張っていかれないよう感情・考えを動かすために付け加える、という感じでしょうか。

 

 

 

 

問題はこれをちゃんと使っていくための仕掛けづくり。

 

以前書いたプラスのセルフトーク用と同じように、手帳に書いておいてもいいけど・・・ちょっと弱いかな。

#この記事に書いた時は半ページでしたが、今は左側のページも埋まるほど書いてあります。

 

 

 

遊びの要素も取り入れよう、ということで最近入れたルーレットアプリに試しに登録してみました。

 

f:id:emustany:20210224155539p:plain
f:id:emustany:20210224155548p:plain
めっちゃ細かい&ジャンル(▼部分)関係なくなっちゃったけど。
あり?なし?(笑)

 

 

 

あ、何でルーレットアプリを入れたのかの方が気になります?

 

 

週末のおでかけ先や、外食でどこに行くか決めるのをラクにするためです。

 

夫に毎回「どこに行きたいの?」「決めていいよ」と言われて決めなきゃいけないのが苦痛だったので・・・(;^_^A 

 

まぁまだ実際に使ったことはないんですけど。

 

 

 

 

*おわり*

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

次回更新でまたお会いできますように!(*´ω`*)エヘヘ 

 

◎ランキング参加しています。
「応援してやるか」と気が向いた日には、ポチッとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 

◎よろしければこちらでもお待ちしています。('ω')ノ
Instagramhttps://www.instagram.com/emustany/

Twitterhttps://twitter.com/emustany

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

【休職326日目】今日のところは堪忍してつかぁさい

こんにちは、emustanyです!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

/

今日は令和になって初めての天皇誕生日

いや、そんなわけない。去年から天皇誕生日だったはず。

 

気になってカレンダー見たら、去年は2/23が日曜だったので、翌月曜が振替休日だったんですね。

全然覚えてないや・・・。

\

 

 

 

すみません、今日も雑談になります(平謝り)


天皇誕生日だからと言って何するわけでもなく、いつものように夫と【絶対座れるカフェ】(※わたし達調べ)に来ています。

 

 

先ほどまで頑張って

休職に至った課題点の振り返りと今後に向けたポイント

みたいなものを書いていたのですが・・・

 

 

ギブアップ!

 

 

 

ダメだ、シンプルに書きたいのに、どんどんこねくり回してしまう。

 

 

たまたま昨日本屋でこれ↓ を立ち読みしていたんですが、

 

 

 

読みながら、

 

「やっぱり自分は相当考えすぎな人間っぽい」

「もっとシンプル・気楽に考えて、とにかく動き出せるようになりたい」

 

と改めて思いました。(;´Д`)

 

 

 

こねくり回しすぎてもう疲れてしまったので、今日はやめやめ!

 

すみません、結果このような大した内容がない更新になってしまいました。

#内容がなかろうが更新はしたいというワガママ。

 

 

 

 

【絶対座れるカフェ】にいるのですが、先ほど隣の席の男性二人組が『休職』に関する話をしていたので、思わず耳をそばだててしまいました。

 

 

「正直、うらやましいよねー」と聞こえてきましたよ。

 

 

 

うわぁ、ごめんなさい。(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

全部の会話が聞こえてくるわけじゃないのに、こういうワードだけ耳に入ってくるのってどうしてなんでしょうね。

 

自分が負い目に感じているからなんでしょうか。

 

 

人は自分が見たいもの(見ると決めたもの)を見ているようですからね。。

#12月のリワークで「選択的注目」ってやつですね。 

 

 

 

 

良いニュアンスか悪いニュアンスかは知りませんが、その「羨ましい」と言われてしまうような休職期間に、わたしは「羨ましい」と言われるような過ごし方をしているのだろうか。

 

 

・・・何だか思考がちょっとネガティブに引っ張られているようですね。

 

 

 

 

たぶん、振り返りにしても「やらなくちゃ」「やるべき」っていう思考でプレッシャーになっている気がします。

 

本当にやらなきゃいけないのかな?

 

やりたければやってもいいし、やって悪いことはないはずだけど、でも誰かに「やりなさい」って言われたわけじゃないよね?

 

 

 

自発的にそうやって考え続ける自分。

えらいな、すごいなとは思うけど、もし無理してるならやめておこう。

(byぺこぱ)

 

 

 

 

ということで、今日はこんな内容ですが、見逃してーーー!(´Д⊂ヽ

 

f:id:emustany:20210223171921j:plain

「絶対許さニャい・・・」と固く心に決めた義兄's ねこ。

 

 

 

*おわり*

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

次回更新でまたお会いできますように!(*´ω`*)エヘヘ 

 

◎ランキング参加しています。
「応援してやるか」と気が向いた日には、ポチッとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 

◎よろしければこちらでもお待ちしています。('ω')ノ
Instagramhttps://www.instagram.com/emustany/

Twitterhttps://twitter.com/emustany

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

【休職325日目】再びの雑談デー|ねこと静電気とソバカスとHSPと

こんにちは、emustanyです!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

/

昨日出かけ先で買ったクイニーアマンが美味しすぎました。

 

砂糖とバターの甘じょっぱさと、デニッシュ生地のパリッサクッ感。

ああ、なんて甘美で魅力的、そして罪悪感をもたらす食べ物なのでしょう・・・。

\

 

 

f:id:emustany:20210222170634j:plain

朝散歩中に見かける梅。金曜日には1分咲きだったのに、今朝見たら7分咲きくらいまでなってました。
ここ数日あったかかったもんね!

 

 

今日は雑談デーです


いつぞやもやりましたが、今日は雑談的な、たわいないことを書く日です。(勝手に制定)

 

#ちなみに前回はこんな感じでした。「雑談集」のカテゴリー作ろうかな。 

 

 

 

 

大見出しにして話すほどではないが、何だか話したくてウズウズしてしまうこと、いくつか書いていきたいと思います。

 

あ、今日は「せんせい、あのね」調はやめておきましょうね。

 

 

 

ともかく、ゆる~くお付き合いくださいませ。(*´ω`*)

 

 

 

 

【雑談その1】時節柄、「ねこの日」ニャ(な)話 


今日はニャンニャンニャンで、「ねこの日」ですね。

#あやかって、夜はたっぷりねこ動画を観るぞ。もう決めたぞ。(でへへ)

 

 

夫の兄が飼っているにゃんこが数日前に避妊手術を受けたらしく、絶賛エリザベスカラー中だそうです。

 

 

誰かの動画で見たんですが、ポンデリングみたいなやつ、かわいいですよね。

 

 

あ、やば、こっちもかわいいな。(笑)

 

 

 

 

で、昨日送られてきていた動画を見せてもらったんですが・・・

 

そこに映っていたのは、エリザベスカラーに阻まれて一向に毛づくろいができず、必死にプラスチックをなめ続ける姿。

 

 

 

たぶん術後で痒かったり、ねこの習性からして毛づくろいをしたいのだろうと思うのですが、どんなに必死になめようとも届かないのです。

 

 

せつない!

 

せつなすぎるよ!!(ノД`)・゜・。

 

 

 

夫曰く、

 

「たぶん人間だったら、虫刺されですっごい痒くてかきたいのに、そこの服が分厚すぎてかいてもかいても全然届かない、みたいなことだよね。」

 

 

 

10日くらいは付けたままだそうですが、そのうち学習するのかな・・・。

 

ああ不憫。

 

 

 

【雑談その2】美容院に行ってから、静電気がすごい話

 
先日美容院に行きました。

 

わたし史上かなり短くなったわけですが、そのせいなのか。

 

あるいは美容師さんと二人して「あれ?」ってなるくらい、想定より明るく染まってしまったからなのか。

 

 

 

すんごい静電気立つ。( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

空気の乾燥とか、着ている服との相性もあるとは思うんですが、だからって今までここまでならなかったぞー?

 

 

ワックス代わりにホホバオイル使ってるんですが、静電気には意味ないですね。

 

水をつけるとおさまりますが、その場限りなので、外歩いている時とかはもうどうしようもないのです。

 

 

やんなっちゃう。

 

 

 

【雑談その3】気にしてなかったけど気にすべき?な話


最近、ちょっと自分の顔が気になるようになりました。

 

 

何気なく明るいところで顔を見たら、

 

「あれ、なんかソバカス増えたな」と。

 

 

 

わたし、小さい頃からずっとソバカスがあった人なんです。

 

自分の顔にソバカスがあって当たり前!で生きてきたから、いくら美容業界がシミとかソバカスとか肝斑とかを煽ってきても、今まで全っ然気にせず過ごしてきたんですよね。

 

 

 

しかしまぁ、ひと度「あれ?」って思うと、ちょっと気になり始めてきてしまう。

 

 

 

そもそもソバカスとシミと肝斑って、何が違うのかも分かっていないのだけど。

 

見た目に関しては本人が気にするか次第なんだろうけど、それ以外で治療したり気をつけなきゃいけないことってあるのだろうか。

 

 

んー、たぶん調べ始めちゃうと、「どうにかせねば!」って思い込まされるんだろうな。

 

 

まだいいか。

 

気になるっちゃなるけど、いったん沈めておくか。

 

 

(・・・だめ?何かに関して手遅れになる??)

 

 

 

 

【雑談その4】「HSP」じゃなく「NSP」がいるんじゃない?と思った話


以前も一度、「HSP」に関して書いたことがありました。

 

 

 

その後も本屋で「繊細さん」コーナーを見かけたり、ブログやSNS、あるいは音声配信などで「HSP」だと自称して話をしている方々を見かける度、何とも言いようのない感情を味わっていました。

 

 

※※※

先に言っておくと、別に「HSP」そのものの存在を否定したり、自称している方を非難しようと言っているわけではありませんので、悪しからず。。

※※※

 

 

 

うまく言えませんが、繊細さん・HSPが話題になってから、あまりに多くの人が

「わたしはHSPです」「HSS型HSPみたいで」

とプロフィール等に書いているように思うのです。

 

 

自分の「とても敏感である」という気質を、まるで「血液型はO型です」とでも言うように書いているのを見るたび、本当に敏感ならそんなこと書くかな?と疑問だったんです。

 

 

 

HSPだと分かって安心した」というのもよく見かける文言ですね。

 

でもわたしには、何で自分がHSPだと分かって安心するのか、いまいち分からないのです。

 

 

同じように扱っていいものか知りませんが、少なくともうつ病の場合は、たいがい「あなたはうつ病です」と言われると抵抗を示すと聞きます。

 

自分がうつ病だなんて信じたくない、受け入れられないんです。

 

 

でもHSPは逆のことが起きている。

 

むしろHSPに属したい、自分にHSPというラベルを貼りたいと思ってるんじゃないかってくらい。

 

 

 

 

そんな中、今朝たまたまVoicyでこちらを聴いていまして。

 

 

 

聴いているうちに、

 

もしかして「HSP(Highly Sensitive Person)」がいるっていうより、むしろ「NSP(Not Sensitive Person)」がいるんじゃないの?

 

と思ったのです。

 

 

 

(詳しくはVoicyを聴いてもらいたいのですが)

澤さんはご自身は発達障害HSPだと仰っていますが、育った環境としても ”激詰め” される厳しい家(親)だったとも仰っています。

 

 

わたしがこれまで学んできたことを踏まえると、育った環境が影響して敏感になったと考えてもおかしくないのかなと思います。

 

具体的にどう敏感であるかは存じ上げませんので、全く頓珍漢なことを言っている可能性もあるのですが、巷で「自分はHSPだ」と思っている人は、そういう後天的に敏感になった人も含まれているように思うのです。

 

 

でなければ、ここまでHSPを自称する人は多くないはず。

 

HSPは5人に1人と言われますが、自称している方は明らかにそれより多い感じがするんですよ。

 

5人に1人って結構多めだけど、それ以上いるんだとしたら、珍しくもなんともない。(;^_^A

 

 

日本人なら多かれ少なかれ、集団主義というか、周りを気にして生きている人ばかりなわけだから、HSPにも当てはまりやすいと思うんです。

 

ある意味みんなHSPの要素は持っているのでは?

 

だから5人に1人よりよっぽど多く思えるのかなと。

 

 

それよりも、全然そういう敏感さを持っていない、NSPとも呼べるような人が5人に1人いるって方が当てはまる気がします。

 

『鈍感力』なんて本もありましたが、むしろ鈍感になりたくてもなれないからこそ、こういう本が売れるんじゃないかと思うのですが・・・。

 

 

 

なんでわたしはこんなに「HSP」が引っかかるのか。

 

羨ましいのか、妬ましいのか、やっかみなのか、うーんなんだろう。

 

 

わたし自身はHSPとされる気質を確かに持ってはいますが、「自分はHSPです」と言うつもりはないし、どちらかというと言いたくないんですよね。

 

 

だってなんだか、「HSPなんです」って言われると壁を作られたような、「あなたとは違うのよ」と言われてるような気がしてくるし。

 

自分がHSPだと思ったところで、安心する感じもないですしね。

 

 

 

わたしにはつくづく不思議すぎる存在のHSP

 

そう遠くない将来、ビジネス化される気がしてならないのでした。。

 

 

 

 

*おわり*

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

次回更新でまたお会いできますように!(*´ω`*)エヘヘ 

 

◎ランキング参加しています。
「応援してやるか」と気が向いた日には、ポチッとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 

◎よろしければこちらでもお待ちしています。('ω')ノ
Instagramhttps://www.instagram.com/emustany/

Twitterhttps://twitter.com/emustany

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲