Web Analytics Made Easy - StatCounter

休職 はじめました。【Season2】

「薬を使わないうつ病治療」2年生。仕事から離れて見えてきた世界、そして自分とは?

【Day488】日々溜まるアレ、減らせます|効果てきめんのTIPS

こんにちは、emustanyです!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////

今日は午後から夫が久々にオフィス出社だったので、ひとりで気ままに過ごしました。

 

最近は、平日はずっと家に2人でいて、たまにわたしがクリニックで不在、週末も2人で過ごすのが普通。

だから、「家にわたし1人」は貴重な時間です。

 

まぁ何するでもなく、ただのんびりとYouTubeなど見て過ごしていただけでしたが。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 f:id:emustany:20210804220017p:plain

 

 

毎日やってくるアレ、イラっとしません?


今日は、大した手間をかけずに、日々の生活で地味に面倒&イラっとしがちな「アレ」を減らせるTIPSをご紹介します。

 

我が家ではこのTIPSを、確か6月くらいに実行したのですが、劇的に改善しました。

 

 

 

何をやったかというと、これです。

 

 ▼
 ▼
 ▼

 

f:id:emustany:20210804205511j:plain

 

 

 

そう。マンションの郵便受けに、

 

チラシお断り

不要なチラシ着払いで返送します

 

と書いたマスキングテープを貼りつけるだけ!

 

 

どこぞのブログで書かれていたので、半信半疑で試してみたんです。

 

 

 

これを貼る前は、毎日何かしらのチラシが入っていたので

  1. 郵便受けを確認する
  2. 郵便受けを開錠する
  3. 中身(郵便物+チラシ)を取り出す
  4. 要らないもの(チラシ)を仕分ける
  5. 要らないものをゴミ箱に捨てる

ということをする必要がありました。

 

※ちなみにゴミ箱は共用で置かれてあるものです。

 

 

 

1日くらいならいいですが、数日にわたって郵便物を取らないままでいると、「不在」と判断されて、空き巣等の犯罪対象になりかねません。

 

なので、こまめに郵便受けを見に行く必要があり、地味に面倒だったのです。

 

 

そこにあるのは全く不要なチラシだけ!と分かっていても、いちいち開錠して取り出さなければならないのが、何だか屈辱的でした。

 

 

しかもそのチラシというのが、大半が不動産関係だったりして、本当に我々にとって不要な(関係ない)ものだったので、見る度に「イラッ」としていたんですよね。

 

#某大手業者がかなりの頻度で投函してくるので、相当ブランドイメージが下がりました。

 

 

 

¥0で効果てきめんだった


で、画像のようなマステを貼ってみたところ・・・

 

チラシの投函率はほぼ0%に!

 

 

 

「ほぼ」というのは、先日1回だけ、どこぞのチラシ(何だったかは忘れました)が入っていたんですよねぇ。

 

でも、それだけです。

 

 

 

確か、わたしが参考にしたサイトには

  • ポスティングのマニュアルでは、「チラシ不要」と明示された郵便受けには入れるな、とされている。

  • 専用のマグネット商品なども売られているが、手書きで十分(むしろ手書きの方がそこに人の気配を感じるので効果が高い)

といったようなことが書かれていました。

 

 

その真偽のほどはわかりませんが、確かに手書きでも十分効果があったので、わざわざ買わなくてよかったなと思っています。

(百均を覗いてみたり、ネットで商品検索したりしてました)

 

 

 

ミニマリスト/シンプルライフ界隈では、「紙・書類」は放っておくとどんどん入ってくる(増えていく)ので、【いかに元を断ち切るか&すぐ処分するか】が重要とされています。

(※注:あくまでわたし調べ)

 

 

 

チラシって、1枚1枚は大した量ではないし、捨てる時も1回1回は大した手間ではありません。

 

しかし、わたしたちの大事な「時間」や「体力」や「決断力」などのリソース、そしてもちろん家の「スペース」や「快適さ」などを、チリツモで奪っていく存在です。

 

 

 

たかがチラシですが、されどチラシです。

 

ある意味こんなにくだらなくて無用なものはないですから、ものはためしで一度試してみてはどうでしょうか。

 

 

 

わたしは手っ取り早く手書きでペペッと貼っちゃいましたが(笑)、

 「手書きじゃ目立つ!カッコ悪い!」

 「下手な字を見られるのは恥ずかしい!」

という方は、良さげなマグネットやシールを探してもいいかもしれませんね。

 

#もっとスタイリッシュな感じのがあると良いのにネ。 

 

 

おためしあれ~♪( *´艸`)


 

 

ではまた。 

 

 

*おわり*

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎ランキング参加しています!(ポチッとな~)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎こちらでも発信中です!(遊びに来てね)

【note】emustany@脱皮しはじめた休職者|note
Instagramhttps://www.instagram.com/emustany/
Twitterhttps://twitter.com/emustany

 

 

 

 

【Day486】低空飛行の沼|あっという間にまた産業医面談

こんにちは、emustanyです!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////

夫がケホケホ言うようになりました。

(マスクつけてもらっています)

 

昼夜問わず冷房つけっぱなしなので、のどが乾燥してやられたんだ。

きっとそうだ、そうに違いないよ、と思ってはみますが・・・

不安&怖いです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 f:id:emustany:20210802204554p:plain

 

 

産業医とマンツーマンでした


今朝は産業医面談がありました。

 

ここのところ保健師とのマンツーマンが多く、たまに産業医保健師という感じだったんですが、今日は珍しく産業医とのマンツーマン面談となりました。

 

 

何だかこれまた前回からあっという間だなという感覚ですが、前回はこの面談をきっかけに落ち込んでしまいました。

emustany.hatenablog.com

 

 

結局このときから、気分的には今もあまり浮上しきれていない感じが続いています。

 

というか、面談は象徴的な出来事でしかなくて、この前後からずっと「低空飛行」している感があります。

 

 

最近連続でブログにも書いていた「何も成し遂げていない」症候群(?)も、結局この低空飛行を象徴する症状の1つです。

emustany.hatenablog.com

emustany.hatenablog.com

emustany.hatenablog.com

 

 

そして、ことのほか重い存在になってしまった「生活記録」。

emustany.hatenablog.com

 

 

産業医面談(に限らず会社員生活、あるいは社会生活全般)のコツ?極意?として、

 

「何でもかんでも素直に・正直に話しすぎない」

「相手や状況によって ”嘘も方便” と心得る」

 

ということはあるのですが、わたしはまだまだそこが下手。

 

 

今回も、結構率直に今の心境・状況について産業医には話をしました。

 

f:id:emustany:20210802195257j:plain

ちなみにこうしたメモを用意して面談に臨むのも、一応「コツ」かもしれませんね。

 

 

 

産業医からの言葉


わたしのある意味 ”煮え切らない” 話に対し、産業医からは寄り添ったり共感するような言葉もかけてもらいました。

 

  • みんながみんな、変化を遂げて戻るわけじゃないですよ。

  • 長年馴染んできた考え方・やり方だから、そんな急には変えられないものですからね。

  • 「変わる」ことを前提にするというよりは、エネルギーが戻る・エネルギーを整えるのが第一です。

  • ご自身の考えや気持ちや感情を、ちょっと立ち止まって目を向けることができるようになっただけでも十分変化していると思うし、客観的にはそう見えていますよ。

  • 「そんなことないです」「大したことないんです」って言う人の中には、口でそう言っていても内心はそう思ってない人と、本当にそう思っている人がいるけど、emustanyさんは後者なんでしょうね。

  • 「わがままを言ってはいけない」とか「感情的になってはいけない」みたいな日本社会の特徴が、「大したことしてない」と思わせてしまうところもあるんでしょうから、仕方ないところもありますよね。

  • 「気持ちついて行ってないな」「頭が先行して考えすぎちゃってるな」「今の本心なのかな」って、少し引いて自分を見ることができるようになってきた。
    この感じなら、(復帰しても)大丈夫だと思いますよ。

 

 

優しく寄り添う言葉に「ありがたいな」とは思うのですが、やはり最後の言葉を聞くと「うっ」と少し苦しいような感じがしました。

 

 

悪いことは言われていないのに。

 

いやむしろ言われていないからこそ、外堀をどんどん埋められている感じがするというか。

 

逃げられない、って感じるからなんでしょうか。

 

 

 

ちょっと極端だけど「もう大丈夫そうだから早よ戻れや」って聞こえてしまうんですよね。

 

絶対そういうつもりじゃないはずとわかっているからこそ、自分の思考が苦しい。。 

 

 

 

今後のスケジュールとして、9月頭には「復帰可」の診断書を提出するとなると、8月末の診察でもらうことになるはず。

 

その前にまた面談しましょうか、となりました。

 

 

そして・・・

 

「生活記録表は引き続きつけてくださいね」と。

 

 

7月の生活記録表は、今日の面談に先立ち提出していて、もうつけなくていいと思っていたのでガッカリです。

 

本当はそんな風に感じるものじゃないのでしょうが、わたしにとっては何だかとてもしんどいし、パワーを吸い取られる生活記録表・・・。

 

 

まぁこれは恐らく、生活記録表そのものがどうこうというわけじゃなく、わたしの今の心境がそう感じさせているんだろうとは思っています。

 

 

 

そのあたりも含め、特に「何も成し遂げられていない」症候群を中心に、次回のカウンセリングで話をしようかなと。

 

 

数か月前は本当に毎日穏やかで、なんだか幸せな感じもあったのに、どうして今は、こんなよくわからない沼にハマちゃってるんだろうと思います。

 

こういう時は、あんまりモヤモヤと考え続けたくないので、早寝が吉ですね。

 

 

 

ではまた。 

 

 

*おわり*

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎ランキング参加しています!(ポチッとな~)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎こちらでも発信中です!(遊びに来てね)

【note】emustany@脱皮しはじめた休職者|note
Instagramhttps://www.instagram.com/emustany/
Twitterhttps://twitter.com/emustany

 

【Day485_2】実は干渉されてた?|Wリワークデー午後の部

こんにちは、emustanyです!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日今日と、頭痛がひどい(いつもより強め)です。

「頭痛ーる」見る限り、気圧の影響ではなさそうで、ちょっと心配。

 

滅多に体調崩さない夫も、今朝は起き抜けに喉が痛いと言っていて、まだ熱さえ出てないってのにハラハラしてしまう。。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

f:id:emustany:20210801221927p:plain 

 

午後の部は7月リワーク最終回


昨日はWリワークデー。

 

午前の部(認知行動療法の単発セミナー)については、1つ前の記事で書きました。

emustany.hatenablog.com

 

 

お昼を挟んで午後は、7月のリワーク『トラブルになりそうな時の対応』の最終回でした。

 

毎月なにかしらリワークに出ていますが、最終回になるたび、「あっという間に1ヶ月が過ぎ去っていく・・・」とひしひしと感じますね。。

 

#過去3回の内容についてはこちらからどうぞ。 

emustany.hatenablog.com

emustany.hatenablog.com

emustany.hatenablog.com

 

 

 
さて、最終回は『干渉された時の対応』についてでした。

 

 

今回も、すでに毎度おなじみとなっていますが、事例を通じて対応方法や自身について理解を深めていきました。

 

今回の事例はこんな感じ。

夕飯の後、ひとりで音楽でも聴きながら漫画でも読もうと部屋に行くと、お義母さんが「早くお風呂に入りなさい」「宿題はやったの?」と言ってくる。

「いつお風呂に入ったっていいでしょ」と言い返すと、「いいから、早く」って言われてしまう。

 

 

この事例を呼び水にして、以下のことを考えてみます。

Q1)事例を読んでの感想・気づき

Q2)自分だったらどう対応しますか?

Q3)他者に干渉された経験はありますか?
  ・どのような気持ちになりましたか?
  ・どうしてそのような気持ちになったのでしょうか?

Q4)どんな立場の人から干渉されることが嫌ですか?理由は?
  ・立場が同じ人から(同僚や友だちなど)
  ・立場が上の人から(※家族/家族以外)
  ・立場が下の人から(※家族/家族以外)
  ・通りすがりの人(店員、電車で隣の人など)

 

せっかくですので、良ければ少し一緒に考えてみてくださいね。

 

 

 

実は「干渉」されていたのか、と気づく

 
まずは、わたしの回答をシェアしてみますね。

※ちょっと文字が多くなりますが、ご容赦くださいませ。。

 

 

Q1)事例を読んでの感想・気づき
  • 父は全然干渉してこなかった。
  • 母もこの例のような「~しなさい」という行動を指示をするような干渉は、あまり多くなかった気がする。

 

 

・・・とリワーク中は思っていたのだけど、もしかしたら意外とそうでもないなと、今書いていて気づきました。

 

とくに以下の2点を考えると、もしかして「干渉」されていたってこと?

 

  • 山村留学中(小4~中3)
    当時やりとりしていた手紙を読み返したら、母からの手紙に「返事が遅いですね」「またあなたからの便りが届きません」みたいなことがわりとよく書いていて、ビックリしたことがある。
    離れて住んでいるし、母も干渉的になっていたのだろうとは思うけど、大人になってから読むと結構キツい口調に感じた。

  • 山村留学後(高校生・大学生で、実家暮らしのとき)
    山村留学で自立/自律的になっていたし、「~しなさい」という指示はほぼなかったと思う。
    ただ、服装とか髪色とか、出かける予定・門限あたりのことは、いろいろ口出しされていて、もしかしたらやや過剰に気にされていたのかも。

 

ちなみに山村留学以前(小4まで)は、正直あまり覚えていないんですよね。

 

でも、リワーク中に「あんまり干渉されていなかった」と思ったくらいだし、少なくとも小さいうちは、そんなにうるさく言われたりしいてなかったんじゃないかと。

 

 

 

Q2)自分だったらどう対応しますか? 

  • 「わかった」とだけ言って、あんまり従わない
  • 「じゃあ、お風呂は●時になったら入るね」など具体的に返す

 

 

 

Q3)他者に干渉された経験はありますか?
  ・どのような気持ちになりましたか?
  ・どうしてそのような気持ちになったのでしょうか?
  • あまり「干渉された」と思うことが少ないかも
    なぜ?
    ・たぶん、もともと自分の意見や自分で決めることに自信がなく、人の意見を当てにしているところがあるので、意見を言われてもあまり干渉だと受け取らないのかも
    ・あるいは、もともと先回りしたり気を遣って行動しているので、干渉される余地(隙)が少ないとか?

  • ただし、自分自身に明確な考えや意思がある場合は別(干渉されたと感じる)
    なぜ?
    ・自分の意見に自信がある、自分が正しいと思っている
    ・負けてはいけない(もしくは言い負かしたい、勝ちたい)
    ・自分の意見を簡単に譲ってはいけない
    ・(あとあり得るとしたら)自分のためを思っての言動ではないから、理屈が通っていないから、など

  • 最近だとワクチンに関して、夫から干渉されていると感じることがある
    ・夫の「俺は打たないのは無責任だと思う」という意見を聞いたり、やんわりと「予約だけでもしておいたら」と言われると、「放っておいて」「面倒くさい」と思ってしまう
    ・自分だって、両親や夫に対して干渉していることは自覚しているのに、相手から言われると、とても嫌な気持ちになる
    なぜ?
    いろいろ入り混じっている気がするが
    ・「お前は間違っている」と言われているように感じる
      (つまり、結局自分の意見に自信がないということ?)
    ・自分の意見を理解・納得してもらえない力不足感(劣等感)
    ・認めてほしい・受け入れてほしい

 

 

 

Q4)どんな立場の人から干渉されることが嫌ですか?理由は?
  ・立場が同じ人から(同僚や友だちなど)
  ・立場が上の人から(※家族/家族以外)
  ・立場が下の人から(※家族/家族以外)
  ・通りすがりの人(店員、電車で隣の人など)
  • 通りすがりの人が一番嫌、ムカつく
    なぜ?
    何も責任がない(責任を取ってくれない)から

  • 立場が上の人も、ズルい・面倒だなと思う
    なぜ?
    立場上、言い返しにくいから

  • 立場が下の人は、生意気だと思ってしまいそう
    なぜ?
    自分の立場が危うくなる感じがする、プライドを守りたいから

  • 立場が同じ人は、そこまで嫌じゃないけど、理不尽・理屈が通ってないのは嫌

 

 

 

・・・はい、長かったですね。

 

 

最後の方は自分の黒い部分が見えてきて、素直に書くべきか少し迷ってしまいました。

 

まぁきっとこれも「良い悪いではない!」ということで、書いてみましたが。

 

 

おもしろいなと思ったのは、わたしはあまり「干渉されている」という感覚がないということ。

 

いや、あるっちゃあるんだけど、感度が低いというか。

 

 

Q3で書いた理由もそうだけど、あとは一見無関係に見えて、「アリ」そうだなと思うのは、例えば身長の高さ。

 

相手にとって、自分より背が高い人とか、平均的な女性より身長高めの女性だと、無意識のうちに干渉する意欲を削いでいたりするんじゃないかと思ったり。

 

まぁその真偽のほどはさておき。。

 

 

 

「Iメッセージ」をもっと練習すべし

 
ここまで、

  • どんな相手(立場・関係性)に干渉されやすいか
  • 干渉されると、どんな気持ちになるか
  • なぜ、そうした気持ちになるのか

といったことについて、理解してきました。

 

 

肝心の干渉された時の対応ですが。

 

基本は以前にも習ったことのある、以下2点がポイントになります。

  1. 反論は「主張的」な表現で伝える
  2. 「Iメッセージ」で伝える

 

#「主張的」な表現(自己表現パターン)についてはこちら。

emustany.hatenablog.com

 

#「Iメッセージ」についてはこちら。

emustany.hatenablog.com

 

 

事例で示すと、こんな感じで伝えてはどうか?ということです。

気にかけてくれてありがとう。or
私のお風呂に入る時間を気にしててくれるんだね。

 

今日は疲れたからもう少し休みたいんだ。or
今とても面白いところなんだ。

 

私のタイミングでお風呂に入るから(宿題するから)大丈夫だよ。

 

 

なかなかこんな冷静に、Iメッセージ使うのって難しいですけどね。(苦笑)

 

やっぱりこれは、かなり意識的に練習をして、徐々に慣れていくしかないのでしょう。

 

 

 

Iメッセージを使うと、自分も伝えやすいし、相手も受け入れやすくなるそうです。

 

 

なぜ干渉してくるかを考えてみると、そこには相手の不安や心配といった気持ちがあります。

 

Iメッセージの最初の部分で、それを受け止めてあげることで、相手を安心してあげることが大事。

 

 

できれば最後の部分で「~してもらえると嬉しい・助かる」という ”勇気づけ” の言葉を入れると、相手にとっては ”貢献感” が出てきて、より受け入れやすくなるんだそう。

#勇気づけや貢献感はアドラー心理学によるものです。

 

 

頭で理解しても、なかなかすぐに・うまく実践できないのが毎度の悩みですが、とにかく練習を積み重ねたいと思います。。

 

 

 

 

ではまた。 

 

 

*おわり*

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎ランキング参加しています!(ポチッとな~)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎こちらでも発信中です!(遊びに来てね)

【note】emustany@脱皮しはじめた休職者|note
Instagramhttps://www.instagram.com/emustany/
Twitterhttps://twitter.com/emustany

 

【Day485_1】直さなきゃなんだと思ってた|Wリワークデー午前の部

こんにちは、emustanyです!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////

数日前に、義兄がニット帽を脱いだらハゲていたという夢を見たのですが、おとといは、自分がハゲてしまった夢を見ました。

#義兄もわたしも、実際はハゲてません!汗 

 

ハゲる夢は、夢占い的にはあまり良い夢ではないようで、ちょっとイヤだな。。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 f:id:emustany:20210801153901p:plain

 

 

昨日は2つのリワークに参加しました


昨日の夕方は7月リワークの最終回だったのですが、午前中にもリワークに参加して、初の「Wリワークデー」となりました。

 

 

午前中のリワークは今回限り(単発)の開催です。

 

ちなみに、わたしがこれまでクリニックに通ってきた中では、1day(単発)のリワークは開催されたことはなく、今回が初めてとなりました。

 

 

午前も午後も、いずれも1時間半のセミナーですが、2つ出るとそれなりに疲れてしまい、昨夜は早寝しました。(;´Д`)

 

気疲れなのか、学び疲れなのか、座り疲れなのか、集中疲れなのか・・・。

 

 

 

2つのリワークを1記事にまとめることも考えましたが、いつものペースで書いていくと、ちょっと長くなってしまいそう・・・

 

ということで、2つに分けることにして、まずは午前中のリワークについて書いていきます!

 

 

 

認知行動療法」、気になってた

 

単発セミナーのテーマは、認知行動療法でした。

 

認知行動療法」は言葉としてはよく聞くものの、詳しく学んだことはないし、何となくしか知らないので気になっていました。

 

 

講師はわたしの担当カウンセラーが務めていました。

 

わたしの通うクリニックには数名カウンセラーがいますが、だいたいはアドラー心理学が専門の人が多い中、担当カウンセラーは認知行動療法が専門のようです。

 

 

かなり前になりますが、カウンセリングの中で、実際に認知行動療法っぽいことをしたことがあります。

 

「ABCDE理論」というフレームワーク?を使って、自分の思考の癖に気づいたり、考え方を変えていくようなものです。

#これももうすぐ1年前。時間はあっという間に過ぎていく。。

emustany.hatenablog.com

 

 

 

「ABC」で自分の考え方の癖に気づこう

 

今回の1dayセミナーでは、この「ABCDE理論」のうちの「ABC」までをやって、「自分の考え方の癖に気づく」ということをしました。

 

 

さすがに1時間半のセミナー1本勝負なので、本当に認知行動療法の ”さわり” 部分だけでした。

 

本当は気づいた後の「どうする?」まで知りたいところでしたが、まぁそれは次回以降の開催を期待するということになりそうです。(*´з`)

 

 

 

さて、「ABC」というのはざっくり書くと、こんな流れになります。

【A】出来事(Activating event
 ⇒ 何が起きたか

   ▼

【B】考え(Belief
 ⇒つぶやき、自動思考
 ⇒「~べき」「○○とは~~というものだ」という信念、価値観、自分のルール

   ▼

【C】結果(Consequence
 ⇒感情、気持ち、身体反応、行動など

 

 

ある出来事「A」が起きたとき、それに対する自分自身の考え「B」によって、さまざまな結果「C」が生じる、という考え方です。

 

日常的には、「A→C」あるいは「A→C→B」となっているような感覚があるかもしれませんが、本当は「C」には「B」が影響している(「A→B→C」)というのが肝。

 

 

 

「考え」の部分が、「考え方の癖」「考え方のパターン」です。

 

 

浅い部分では、頭の中に勝手に浮かんでくる「つぶやき」「自動思考」

 

そしてより深い部分では、”~べき” とか ”○○とは~~というものだ” などの「信念」「価値観」「ルール」があります。

 

これらは「生い立ち」を土台としていて、幼少期から延々と積み上げてきたものになります。

 

 

 

言葉だと伝わりにくそうなので、具体的に見てみましょう。

 

例として出されていたのは、こういうもの。

【A】出来事

  • 知り合いがいたので、すれ違いざまに挨拶をした。
  • 知り合いからは返事がなかった。

 

 

【B】考え

  1. 「失礼な人だ!」
    (例:礼儀正しくあるべき、という信念)
  2. 「気に障ることしたかな」
    (例:人に迷惑をかけてはいけない、という信念)
  3. 「聞こえなかったかな」

 

 

【C】結果

  • 感情・気持ち:
    1.怒り
    2.不安、心配
    3.平静

  • 身体反応:
    頭に血が上る、心臓がドキドキする、胃が痛い、涙が出る、食欲不振、不眠など

  • 行動:
    能率が低下、仕事が手につかない、人を避ける、遅刻・欠勤、飲酒量増加など

 

 

 

要は、こういうフレームワークを使うことで、

自分が心理・身体的にどういう状態か
(感情、気持ち、身体反応など)

に目が向けられ、感情などに飲み込まれずに客観的になれる。

 

それと同時に、

なぜそのような心理・身体状態になるか
(考え方の癖、信念・価値観・ルールなど)

 ということも考えたり気づけるようになる。

 

 

そういうことでしょうか。

 

 

 

上司に「話がある」と言われたら?


先ほどの例を参考に、実際にワークをやってみます。

 

お題となる出来事としては、【上司に「話がある」と言われた】というもの。

 

 

実際にわたしが書き出したものを載せてみますね。

【A】出来事

  • 上司に「話がある」と言われた。
    ※わたしのイメージだと、オフィスの自席で何か作業をしている最中に、上司が歩いてきて、「emustanyさん、5分くらいちょっといい?話があるんだけど。」と言われた場面を思い浮かべました。

 

【B】考え
(どのように考えますか?どんなつぶやきが頭に浮かびますか?)

  • えっ、何だろう?
  • 良い話かな?悪い話かな?
    (※以降は、悪い話という前提でネガティブな考えが続く)
  • 何かしたかな。
  • ミスしちゃったとか。
  • 面倒な作業降ってくるかも。
  • なんでわたし?
  • 嫌だな、聞きたくないな。
  • 怖いな、逃げたいな。

 

【C】結果
(どんな気分・感情でしょう?身体反応は出ますか?)

  • 感情・気持ち:
    不安、緊張、恐怖

  • 身体反応:
    心臓ドキドキする、呼吸が浅くなる、肩に力入る、手汗・脇汗、ビクビクする、身構える(腰が引ける、椅子に背面くっつけて逃げの姿勢)

  • 行動:
    ・(話をするまで間がある場合は)落ち着かないので一旦席離れて歩く

 

はい、こんな感じです。

 

 

他の方も似たりよったりだったでした。

 

が、ひとり「何か始まるかな」「何頼まれるかな」とワクワクして高揚するという方がいて、「そうなんだ!?」と衝撃を感じました。

 

f:id:emustany:20210801154509j:plain

今朝は早くに目が覚めて、久しぶりに5時頃に散歩へ。朝焼けがキレイ。


 

 

やっぱり良い・悪いじゃないんだな


そう、ここでの最大のポイントは、同じ出来事であっても「どう感じるか」は人それぞれということ!

 

 

そして、考え方の「癖」(あるいは「認知のゆがみ」とも呼ばれる)と言うと何か悪いもののような気もしますが、「どの考えが良い・悪いということではない」と。

  

本当は、自分を守ったり役立ったり、自分が大事にしてきて、どちらかと言えば良いものであるはず。

 

だけど、それでも度合いが過ぎると,、ネガティブに働きやすくなってしまう。

 

偏りや、強く感じてしまうクセがあるだけだから、出し方を気をつければいいということなんです。

 

 

つまり、「直そう」とはしなくて良くて、「幅を広げていく」「視点を増やしていく」と考えてみたらどうか、という提案でした。

 

わたし自身もまさにそうで、どうも自動思考・考え方の癖については「直せ」と言われているようで苦しく感じたりもしたのですが、「視点を増やす」「幅を広げていく」というのは良いと思います。

 

 

それから、自分の感情はあくまで自分のもの(自分が作り出したもの)であって、相手のせいじゃない。

 

ABCの「B:考え」の部分=自分の受け止め方次第なんだよ、ということも言ってましたね。

 

・・・わかっちゃいるんだぁ。。。

 

 

 

今回のリワークでは、気づいた後の対応方法についてはあまり触れなかったのですが、役立ちそうなものとしては、こんな話もしていました。

 

  • ”~べき” とか ”○○とは~~というものだ” が出てきたら

    「~に越したことはないけど」
    「まぁこういうこと(そういう時・ああいう人)もある」

    と、白黒ではなくグレーも認めてあげるようにする。

  • ”絶対~だ” と決めつけたりせず、

    「もしかしたら~かもね」
    「そうとは限らないよね」
    「違うかもしれないじゃん」

    と可能性を探ってみる。

  • ”~な自分はダメだ” とか ”~してしまった” と落ち込んでしまったら

    「~に越したことはないけれど」
     +
    「できなくてもいい」
    「わからなくてもいい」
    「間違ってもいい」
    「失敗してもいい」
    「忘れることもある」
    「それも自分」
     etc.

     と、自分を責めたり否定したりせず、認めてあげる。

 

 

 

あと、もう1つ。 

 

 ABCをやったら、Cの部分でスケーリングをしてみると良いようでした。

 

今まで感じたことのある「不安」の最大値が10だとしたら、今回はどれくらいかな?と。

 

 

なぜ?という部分は触れていなかったのですが、おそらく、数値化することで客観的になれるからかなと想像しています。

 

 

おもしろいなと思ったのは、上司に「話がある」と言われた時のワーク。

 

わたしは最初は不安はなくフラットだったのに、勝手に自分の中で「悪い話だろう」と決めてネガティブな思考ループに入っていくにつれ、不安が増すように思いました。

 

 

たぶん普段も同じようなことをやっているんだと思います。

 

立ち上がるなど行動を変えて思考を断ち切る(考えるのをやめる)とか、「不安スケールがどんどん上がってるけどいいの!?」と自問したりとかすると良いのかもしれません。

 

 

f:id:emustany:20210801154503j:plain

これは昨日の朝散歩での1枚。
夏は一段と雲が表情豊かな気がします。

 

 

あぁ、やっぱり結構長くなってしまいましたね。(分けて正解)

 

 

今回は単発のリワークで、少し物足りない感もありましたが、それなりに収穫はあったように思います。

 

次の金曜日にカウンセリングがあるので、この時にABC使って話をしてみるのもいいかもしれないなと思いました。

 

 

 

ではまた。 

 

 

*おわり*

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎ランキング参加しています!(ポチッとな~)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎こちらでも発信中です!(遊びに来てね)

【note】emustany@脱皮しはじめた休職者|note
Instagramhttps://www.instagram.com/emustany/
Twitterhttps://twitter.com/emustany

 

【Day483】迷子なのかもしれない|昨日の続き

こんにちは、emustanyです!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////

今日は半年?1年?に1度の、マンションの「排水管洗浄作業」 の日でした。

台所・洗面所・浴室・洗濯の排水溝を高圧水洗浄していくのですが、”万障繰り合わせの上、在宅”(もしダメなら鍵を預けろ)とされている、強気な一大イベント?です。

 

今は夫婦とも在宅だけど、通勤してた頃はどう対応してたんだっけ。。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 f:id:emustany:20210730183258p:plain

 

今日は思考を垂れ流しますよ


昨日の続きです。

 

emustany.hatenablog.com

 

 

 

復帰が見えてきて、「何も成し遂げていない」という考えから抜け出せないけど、じゃぁ一体わたしは何を成し遂げたいの?という話でした。

 

  • わたしが約1年半の休職を通じて成し遂げたいのは何なのか?
  • 何をどうすれば/何がどうなれば、「成し遂げた」と思える(認められる)のか?
  • それを実現できなかった場合は、どうなるのか?(困ることはあるのか?)
  • そもそも「成功」や「成し遂げること」は必要なのか?

 

 

昨日から今日にかけて、ぼんやりと考えていたんですが

 

 

わからんわ!

 

ウォリャッ (ノ`Д´)ノ 彡┻┻

 

 

 

 

 

・・・結局そんなもんってことですよ。

 

 

もともとあんまり目標立てるのとか得意なタイプじゃない気がするけど、今は特に暗中模索っていうか、五里霧中というか。

 

成し遂げたいという気持ちだけが先行して、具体的に何を、が見えていない。

 

 

ナンテコトダ。

 

 

 

「成し遂げる」だとやっぱりちょととハードモードな感じがするので、少しイージーモードにして考えてみますか。

 

 

「変わる」という言葉ならどう?

 

何がどう変われば、emustanyさんは満足するのかしら?

 

 

変わるってことは、ギャップが生じるわけだから

  • 何かを始めた または やめた
  • 何かを得た または 失った
  • 何かを増やした または 減らした
  • 何かを作った または 壊した 

とかって話だよねぇ。

 

 

 

・・・なんかこういうの、前も書いたよねぇ?と思って、過去記事見ていたら、やっぱりありますなぁ。

 

#9月で中間って言ってるってことは、やっぱ年明け・年度明けに復帰という考えが強かったのかな。

emustany.hatenablog.com

 

 

 

そして、休職して丸1年(4月)のタイミングでも、やはり振り返りをしています。

#こういう時、「自分って本質的に変わらないんだな」と実感します。

 

emustany.hatenablog.com

 

 

誰がどう言おうと、自分だけは肯定的に捉えたいものです。

という言葉に、必死にプラスの意味づけ・自分を納得させようとしいているのが垣間見えます。。

 

内心、あんま今と変わらないのかもしれない。

 

 

 

そう、3月~4月あたりは、わりと気持ちが安定していたし、なんだか「ひと段落」「ひと区切り」という感じがすごくあったんだよなぁ。

 

特に大きかったのは、3月末の棚卸しというか、まとめ。 

emustany.hatenablog.com

 

 

 この頃は「毎日平穏だなぁ」と思ってたのに、気づいたらモヤモヤしたり、低空飛行気味になってしまって、今に至っています。

 

 

少なくとも春先までは、派手さや目を見張るような大変化ではないけれど、それなりに自分も進歩したんじゃないかな、って思えてたはずなんですよね。

 

 

なーんで今は、こんなにも「まだ何も成し遂げられてない!」ってなっちゃってるのかなぁ。。

 

急にジタバタしてる感じ。

 

 

 

まぁそもそも、自分自身の変化って、あんまよくわからないものですけどね。

 

先生に勧められて、夫に聞いてみたこともあったっけ。

emustany.hatenablog.com

 

 

しかしなぁ。

 

人からも見える部分・見えない部分があるから、気づきようのない変化ってのもあるんでしょうが。

 

 

ん?なんだっけこれ・・・ジョハリの窓か。

potect-a.com

 

 

 

ちょっと思考(頭)が固まってしまったというか、迷子になった気が。(´_ゝ`)

 

 

一度置いておいた方が良さそうだけど、まぁ気が向いたら過去記事でも読み返しつつ、

 

変わらなきゃいけない

(周りが気づくくらいに、圧倒的に)

 

成し遂げなければならない

(何か壮大で胸を張って話せるようなことを)

 

 

こういう考えをどうにか緩めていきたいですね。

 

 

ちょうど明日、認知行動療法のワークショップがあるのと、8月からはまた新しいリワークも始まるので、ヒントを得ていけたらいいなと思います。

 

 

 

ではまた。 

 

 

*おわり*

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎ランキング参加しています!(ポチッとな~)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎こちらでも発信中です!(遊びに来てね)

【note】emustany@脱皮しはじめた休職者|note
Instagramhttps://www.instagram.com/emustany/
Twitterhttps://twitter.com/emustany