Web Analytics Made Easy - StatCounter

休職 はじめました。【Season2】

「薬を使わないうつ病治療」2年生。仕事から離れて見えてきた世界、そして自分とは?

【Day486】低空飛行の沼|あっという間にまた産業医面談

こんにちは、emustanyです!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////

夫がケホケホ言うようになりました。

(マスクつけてもらっています)

 

昼夜問わず冷房つけっぱなしなので、のどが乾燥してやられたんだ。

きっとそうだ、そうに違いないよ、と思ってはみますが・・・

不安&怖いです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 f:id:emustany:20210802204554p:plain

 

 

産業医とマンツーマンでした


今朝は産業医面談がありました。

 

ここのところ保健師とのマンツーマンが多く、たまに産業医保健師という感じだったんですが、今日は珍しく産業医とのマンツーマン面談となりました。

 

 

何だかこれまた前回からあっという間だなという感覚ですが、前回はこの面談をきっかけに落ち込んでしまいました。

emustany.hatenablog.com

 

 

結局このときから、気分的には今もあまり浮上しきれていない感じが続いています。

 

というか、面談は象徴的な出来事でしかなくて、この前後からずっと「低空飛行」している感があります。

 

 

最近連続でブログにも書いていた「何も成し遂げていない」症候群(?)も、結局この低空飛行を象徴する症状の1つです。

emustany.hatenablog.com

emustany.hatenablog.com

emustany.hatenablog.com

 

 

そして、ことのほか重い存在になってしまった「生活記録」。

emustany.hatenablog.com

 

 

産業医面談(に限らず会社員生活、あるいは社会生活全般)のコツ?極意?として、

 

「何でもかんでも素直に・正直に話しすぎない」

「相手や状況によって ”嘘も方便” と心得る」

 

ということはあるのですが、わたしはまだまだそこが下手。

 

 

今回も、結構率直に今の心境・状況について産業医には話をしました。

 

f:id:emustany:20210802195257j:plain

ちなみにこうしたメモを用意して面談に臨むのも、一応「コツ」かもしれませんね。

 

 

 

産業医からの言葉


わたしのある意味 ”煮え切らない” 話に対し、産業医からは寄り添ったり共感するような言葉もかけてもらいました。

 

  • みんながみんな、変化を遂げて戻るわけじゃないですよ。

  • 長年馴染んできた考え方・やり方だから、そんな急には変えられないものですからね。

  • 「変わる」ことを前提にするというよりは、エネルギーが戻る・エネルギーを整えるのが第一です。

  • ご自身の考えや気持ちや感情を、ちょっと立ち止まって目を向けることができるようになっただけでも十分変化していると思うし、客観的にはそう見えていますよ。

  • 「そんなことないです」「大したことないんです」って言う人の中には、口でそう言っていても内心はそう思ってない人と、本当にそう思っている人がいるけど、emustanyさんは後者なんでしょうね。

  • 「わがままを言ってはいけない」とか「感情的になってはいけない」みたいな日本社会の特徴が、「大したことしてない」と思わせてしまうところもあるんでしょうから、仕方ないところもありますよね。

  • 「気持ちついて行ってないな」「頭が先行して考えすぎちゃってるな」「今の本心なのかな」って、少し引いて自分を見ることができるようになってきた。
    この感じなら、(復帰しても)大丈夫だと思いますよ。

 

 

優しく寄り添う言葉に「ありがたいな」とは思うのですが、やはり最後の言葉を聞くと「うっ」と少し苦しいような感じがしました。

 

 

悪いことは言われていないのに。

 

いやむしろ言われていないからこそ、外堀をどんどん埋められている感じがするというか。

 

逃げられない、って感じるからなんでしょうか。

 

 

 

ちょっと極端だけど「もう大丈夫そうだから早よ戻れや」って聞こえてしまうんですよね。

 

絶対そういうつもりじゃないはずとわかっているからこそ、自分の思考が苦しい。。 

 

 

 

今後のスケジュールとして、9月頭には「復帰可」の診断書を提出するとなると、8月末の診察でもらうことになるはず。

 

その前にまた面談しましょうか、となりました。

 

 

そして・・・

 

「生活記録表は引き続きつけてくださいね」と。

 

 

7月の生活記録表は、今日の面談に先立ち提出していて、もうつけなくていいと思っていたのでガッカリです。

 

本当はそんな風に感じるものじゃないのでしょうが、わたしにとっては何だかとてもしんどいし、パワーを吸い取られる生活記録表・・・。

 

 

まぁこれは恐らく、生活記録表そのものがどうこうというわけじゃなく、わたしの今の心境がそう感じさせているんだろうとは思っています。

 

 

 

そのあたりも含め、特に「何も成し遂げられていない」症候群を中心に、次回のカウンセリングで話をしようかなと。

 

 

数か月前は本当に毎日穏やかで、なんだか幸せな感じもあったのに、どうして今は、こんなよくわからない沼にハマちゃってるんだろうと思います。

 

こういう時は、あんまりモヤモヤと考え続けたくないので、早寝が吉ですね。

 

 

 

ではまた。 

 

 

*おわり*

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎ランキング参加しています!(ポチッとな~)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎こちらでも発信中です!(遊びに来てね)

【note】emustany@脱皮しはじめた休職者|note
Instagramhttps://www.instagram.com/emustany/
Twitterhttps://twitter.com/emustany