Web Analytics Made Easy - StatCounter

休職 はじめました。【Season2】

「薬を使わないうつ病治療」2年生。仕事から離れて見えてきた世界、そして自分とは?

【Day482】Let's 分解!|「成し遂げたい」を深掘ってみる

こんにちは、emustanyです!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////

ここ1週間くらい、左まぶたがずっとピクピク痙攣しています。

 

まぶたの痙攣は初めてじゃないですが、今回は一段と痙攣が細かい。

それに、いつもならせいぜい2日くらいで治まるのに。

 

眼精疲労か、寝不足かといったら前者だろうけど、鉄や亜鉛の不足も痙攣を引き起こすらしい。

単純に不快だし、気になります。。 

////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 f:id:emustany:20210729144236p:plain

 

「成し遂げたい」って言うけれど


今日もわたしは、まるで呪いのように

 

「まだ(何も)成し遂げてない」
「(何かを)成し遂げなければならない」

 

とグルグル思考しています。

 

 

それは、診察後のモヤモヤの正体を明らかにしてもなお、変わっていません。
emustany.hatenablog.com

emustany.hatenablog.com

 

 

しかし、emustanyさんよ。

 

「成し遂げてない」「成し遂げなければ」ってずっと言ってるけどさぁ・・・

 

 

 

 

一体なにを?

 

って話じゃん。

 

 

 

これを成し遂げるんだ、っていう「何を」の部分がないから、ずっと気持ちだけが続いてしまっているんじゃないの?

 

もう少しそこ、掘った方がいい気がするよ。

 

 

 

なぜ「成し遂げたい」と思うのか?


「何を」はちょっと置いておいてですね。

 

なにゆえに、こんなにも「成し遂げたい」って思うのか・・・。

 

 

根底には「負けてはいけない」とか「失敗してはいけない」みたいな考えもあるし、「すごいと思われたい」「さすがと思われたい」みたいな考えもあるような気もします。

 

まぁこれらは先生の言葉を借りれば「劣等感の裏返し」なのですが。

 

 

 

でも、それだけじゃない気がする。

 

もっと強いのは、わたしの中にあるこんなイメージじゃないだろうか。

 

休職することになった

  ▼

気づき・学びを得て開眼

  ▼

新しいわたし、デビュー☆
(※一定年齢以上には懐かしのCMより)

 

 

 

それはそれは美しい、THE 成長物語です。

 

 

 

しかし、どこからこれが来ているかを考えてみると、おそらく一番大きいのは「ツレが鬱になりまして」シリーズ。

 

 

そう、みんな大好き(!?)ツレうつ」です。

 

うつ患者やその家族が、おそらく1度は読むであろう、超有名本だと思います。
(※あくまでわたしの勝手なイメージです)

 

 

あるいは、単純に宮崎あおいさんの可愛さにやられて、映画を観た人も多いんじゃないでしょうか?(笑)

 

わたしも確かPrime Videoで観たんじゃなかったかな。

 

 

 

わたしが初めて「ツレうつ」の本を読んだのは、今回の休職とは関係なく、結婚する前のこと。

 

かなり前のことなので、すでに記憶はだいぶ薄れています。

 

 

ただ、確か『7年目の~』に書いてたんだったと思いますが(記憶違いだったらごめんなさい)寛解後の「ツレ」さんは講演会などもやったりしていたのではないかと。

 

 

この話が、わたしの中では「うつを機に人生が変わった(変えた)」という、一種の成功パターンとして記憶されているんだと思います。

 

 

そして、この成功パターンをさらに強化したのが、数多あるうつ経験者の体験談たち。

 

わたしはKindle Unlimitedに加入しているので、Kindle出版?自費出版?の本も含めて、体験談は数冊読んでいます。

 

こうした体験談では、人によっては会社をやめてカウンセラーになったとか、多くは病気や休職を「ターニングポイント」「必要なものだった」「経験して良かった」のように書かれていました。

 

 

これらを通じて、わたしにはこのイメージが非常に強いんだと思います。

うつになる

 ▼

人生の底を味わう

 ▼

苦しみを乗り越えて新たなスタートを切る

 

 

言ってみれば、魔女の宅急便

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

ってことです。(ちょっと違う)

 

#完全に蛇足ですが、上の言葉は糸井重里の映画ポスターのコピーで、劇中最後にキキが言うのは「落ち込む事もあるけれど、私この街が好きです。」だって、知ってました?

 

 

 

結局、何を成し遂げたいんだろう?


「成し遂げる」って辞書で調べると、こう出てきます。 

物事を最後までやりとげる。また、みごとにやってのける。

成し遂げる/為し遂げる(なしとげる)の意味 - goo国語辞書

 

 

後半の「みごとに」って部分が肝な気がします。 

 

「みごとに」ってことはつまり、「すごいこと」とか「他の人にはできないこと」みたいなものを、無意識にイメージしているのでしょう。

 

 

自分の中で「見事に」ってあんまり使わないですよね。

 

ってことはつまり、他の人からどう見える・思われるかを意識しているということ。

 

 

 

・・・

 

どこまでいっても他人軸で、本当イヤになりますが。(;´Д`)

 

 

 

 

他人軸のままでは、いつまで経っても「何も成し遂げられてない」ということになりかねません。

 

だって、他人様の思い描く成功だとか、意義ある病気・休職の在り様など、それこそ人によってバラバラだからです。

 

 

であるならば、自分で(再)設定するしかない。

 

 

 

ここは結構大事な気がします。

 

連日同じトピックで引っ張って恐縮ではあるのですが、もう1日寝かしてじっくり考えてみようかなと思います。

 

 

  • わたしが約1年半の休職を通じて成し遂げたいのは何なのか?
  • 何をどうすれば/何がどうなれば、「成し遂げた」と思える(認められる)のか?
  • それを実現できなかった場合は、どうなるのか?(困ることはあるのか?)
  • そもそも「成功」や「成し遂げること」は必要なのか?

 

 

・・・やっぱり、考えすぎ(頭でっかち)人間なだけかもしれないな。

 

 

 

ではまた。 

 

 

*おわり*

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎ランキング参加しています!(ポチッとな~)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎こちらでも発信中です!(遊びに来てね)

【note】emustany@脱皮しはじめた休職者|note
Instagramhttps://www.instagram.com/emustany/
Twitterhttps://twitter.com/emustany