Web Analytics Made Easy - StatCounter

100点やめて60点を目指す ご自愛ブログ

2020.4に休職し、「薬を使わないうつ病治療」で2022.4に正式復職。自分と仲良く&自分に優しくありたいものです。

【休職111日目】昨日は診察日|正月ぶりの実家

こんばんは、毎朝起きると体バキバキで嫌んなっちゃうemustanyです。

布団の問題か、枕の問題か。。

 

4連休です。

GoToキャンペーン(東京以外)とか、外出自粛(東京)とか、しっちゃかめっちゃか過ぎて苦笑・失笑以外の何物でもない状況ですね。

 

しかし本来であれば、明日7月24日が東京オリンピックの開幕日。

いやいやいや、コロナなくても何かいろいろ無理だったんじゃね?って思うのはわたしだけでしょうか。。

 

 

 

昨日は心療内科の診察日

闘病中の知人のためにお守りを貰い受けてから、クリニックへ向かいました。
#連休前だからか混んでいました。

  

前回7/3は、復帰に向けて無性に焦ってしまうという話をし、カウンセリングやリワークも積極的に活用してね、という感じでした。 

 

 

その後すぐに予約をして、7/10にカウンセリング、7/15にリワークを受け、7/17には産業医面談もありました。 

  

 

あとは、午前中の散歩やスクワットチャレンジを始めてみたりと、体力づくりも意識し始めました。  

 

上の記事に書いている、母と兄とLINEでグループ通話をしたことも話しました。

母には「(自分の愚痴をただ聞くだけの)壺になってほしい」と言われたけど、母だけの味方にはなれないし、でも母の気持ちも理解できるし、どうしたもんかなぁと。

 

アインシュタイン先生はこの話を聞くなり

「それはお母さんにカウンセリングが必要だね!」

「本来親ってのは子どもが幸せになることを願うもんだし、人間以外の動物は親子は離れていくものだよ。でも今のお母さんに付き合いすぎると、最悪は自分の夫婦関係にも影響が出かねないね。巻き込まれないように。」

と。

 

そんなこと言われてもなぁと思いつつ、ちょうど8月から親・きょうだいとの関係についてのリワークプログラムが始まるので、そちらに参加してみることにしました。 

 

 

最後に、鉄・亜鉛を飲んで3か月経ったので、血液検査のため採血をして終了。

#鉄、増えてるといいな。また生理で大量に鉄が出てっちゃったけど・・・。

 

 

 

今日は正月ぶりに実家へ

母と兄とグループ通話した際、コロナ問題が離婚話にも影響していて母の愚痴(不満)が結構溜まっているようだったので、これは一度仕切り直しの話し合いをした方がいいかもね、という話になっていました。

 

悲しいかな、親夫婦だけで話し合いをさせると2人とも感情的になりすぎてしまい、冷静に話し合うことは難しい傾向にあります。

そこで去年10月と年末年始、兄とわたしが同席して2人ではなく4人で話し合いをしました。

 

2月以降はコロナ騒動となり、なかなか実家に行くのも憚られていました。

コロナについて以前よりは冷静に対応できる状況になったこと、そして母だけでなく父も体の不調が重なりストレスフルな毎日を過ごしていることを鑑み、今日兄ともども実家訪問となったわけです。

 

 

久しぶりに再会した両親は、「あれを食べろ、これを食べろ」「あれはどうなった」「これ知ってるかい」とひっきりなしに話してきます。

会わない時間が長いからこそという部分もあるのでしょうが、このワチャワチャとした感じが今のわたしには少し煩わしく感じました。

 

昔からそうだったかというと、そんなことはないと思います。

でも、やはり親も年を取って自分の話が中心・人の話を聞かなくなってきたのと、夫婦仲が良い状態ではないのもあって、ワチャワチャ感が増しているのでしょう。

 

加えて、今のわたしがそれを穏やかに受容できる状態にないのもあると思います。

言葉を畳みかけられるとプレッシャーを感じるし、自分以外の人に対しての怒り・苛立ちも自分が責められてるような気がしてしまう。

 

何よりもこれまで自己理解を進めてきて、自分の価値観や思考の癖がこの家族環境で形成されてきたのだなと思うと、どうも彼らとどう向き合っていったものか分からなくなってしまった。

 

 

 

そんな感じで、だんだん疲れを感じてきてしまい、いつもより早めに帰ることにしました。

 

夫に会いたくて会いたくて仕方ありませんでした。

 

 

そして、父と母それぞれに、手紙を書きたくなりました。

特に母に対しては今のわたしの混沌とした状態を率直に伝え、「ここの家族環境がとか言ってるけど決してあなたを責めているわけじゃない」「優しくできなくてごめん」とどうしても言いたい。

 

 

母は今日、わたしに2か月遅れの誕生日ケーキを作ってくれていました。
#こちらの記事で書いた毎年恒例のパウンドケーキです。

 

また、お気に入りの「クルミッ子」の切り落としをゲットしてくれていました。
#人気の「クルミッ子」のお得な切り落としとあって争奪戦なんだそうです。

 

 

母のこうした心遣いがとても嬉しい。

だけど、面と向かっていると、どうしてもつっけんどんな態度になったり、変に説教っぽくなったりして、気持ちを伝えることがうまくできない。

 

だからこそ、手紙をしたためることで、ちゃんとわたしの気持ちも伝えたい。

 

 

明日さっそく書きたいと思います。

善は急げ。鉄は熱いうちに打て。えいえいおー!

 

 

*おわり*