Web Analytics Made Easy - StatCounter

100点やめて60点を目指す ご自愛ブログ

2020.4に休職、「薬を使わないうつ病治療」を経て、2022.4に正式復職。自分を育て直す旅が始りました。

歯医者はキライ、だが逃げられぬ

f:id:emustany:20220226142812p:plain

こんにちは、emustanyです。

 

袴姿の女性を見かけました。

あれ、卒業式ってこんな早かったっけ?

 

世界は激震・激動中ですが、穏やかな日常を有難く思います。

 

□□□ もくじ □□□

 

ようやく歯医者終わり

f:id:emustany:20220226141036p:plain

 

今日は10時半予約で歯医者へ。

1月から全5回の治療を経て、無事今日で終了となりました。

 

5回の内容は、こんな感じでした。

  1. 初診+クリーニング
  2. 歯科矯正のリテイナー調整
  3. 虫歯治療①左下5番
  4. 虫歯治療②右上6番
  5. ②の続き

 

 

ちなみに、今通っているのは完全自由診療の歯医者。

2015年に歯科矯正を開始した時からのお付き合いになります。

 

計5回の治療で、87,000円ほどかかりました。

 

②でゴールドのインレー(詰め物)を選んだこともあり、さすがにちょっと震える金額になりました。(*_*;

歯科矯正では100万円以上使ったので、かなり上客?です。。

 

f:id:emustany:20220226143115p:plain

 

誰もが言っているし、誰もがきっとわかっているだろうし、なんとも使い古された言葉ですが、念のため言っておきましょう。

 

歯は大事 です。

 

 

歯って、ちょっと痛いだけで、もう何も手に着かなくなりますよね?

それに歯を失えば食べる喜びが減り、ひいては生きる喜びも減ると聞きますよね?

(幸い、これはまだ実体験は伴っていないけど)

 

損ねたり失ってからでは遅いのです。

 

そう、 歯は投資 なんです。

 

そう言い聞かせないとやってられーん!

 

 

 

ずっと怖くて行けなかった

f:id:emustany:20220226143332p:plain

 

最後に歯医者に行ったのは、おそらく2018年12月です。

 

・・・3年以上ぶり!Σ( ̄◇ ̄|||)

 

 

ここだけの話、怖くて行けなかったんですよ。汗

もういいオトナだというのに。

 

 

最後の治療の時、次はこういう治療します、という説明がありました。

それが今回の3~5の治療だったんですが。

 

今の詰め物が昔のものなので、外して詰め替えるというもの。

「今あるのを外して詰め替える」というのを想像したら、どんどん怖くなってきてしまいました。

 

麻酔をするから大丈夫なはず。

そう言い聞かせるものの、過去に(別の歯医者で)麻酔が効ききってなくて痛い思いをしたことがあり、どうしても不安を拭いきれず。

 

f:id:emustany:20220226141421p:plain

 

ちょうどその頃は、仕事で札幌出張が多い時期でした。

詰め替えの治療なので2週連続で予約取れる時期がいいと言われていたのを盾に、予約を先延ばししました。

 

先延ばししているうちに先述の恐怖が増すのに加えて、「もっと悪くなっているかもしれない」と思うと、どんどん行けなくなってしまいました。

 

 

それにしても3年以上空けてしまったとは・・・

ちょっと情けないですね。(~_~;)

 

まぁ今はそんな自分も理解できるというか、人間らしくて愛おしさも感じますけど。

 

 

 

歯医者なんて嫌いだ

f:id:emustany:20220226142008p:plain

 

それにしても、歯医者なんてもう二度と行きたくないと、毎度思いますね。

 

歯医者大っ嫌いです。

好きな人なんていないかもしれないけど。

 

 

治療中は恐怖や不安で、全身ガチガチです。

終わるともうグッタリです。

 

今回の治療中は、手が震えているのにも気づきました。

わたしは緊張などで脇汗をかきやすいタイプですが、治療後はやっぱり脇汗が出てました。

以前に増して、歯医者が苦手になっているかもしれません。

 

どんなに麻酔していたって、怖いものは怖いんです。

あのキュイーーーーーーンって音も大嫌い。

歯医者って絶対「S」だと思うの。

 

f:id:emustany:20220226141638p:plain

 

なぜ人類は、未だに虫歯から逃れられないのか。。

 

いい加減、虫歯菌を殺す洗口剤とか出てきても良くないですか?

そんなものがあれば、いくらでも欠かさずやるのに。

 

 

歯医者が儲けるためには患者が必要。

だからそんな画期的なものは生まれるわけがない(生む努力がされない)のでしょうか。

これは別に歯に限らず、ガンだって何だって病気全般言える話だけど。

 

なんなら砂糖中毒にさせて、虫歯も病気も増やして。

メーカーと製薬と医療が結託してるんじゃないかと思ってしまうくらい。苦笑

 

なら食べなきゃいいじゃないって?

そりゃそうだけど、それができないから困るんだよねぇ。

 

・・・何の話だ?

 

 

歯医者との長い付き合い(戦い)

f:id:emustany:20220226144321p:plain

 

歯医者が嫌なら、虫歯を作らないよう歯を大事にすればいい。

ダイエットと同じで、節制すればいいだけ。

 

んなこたぁ百も承知しています。

しかしそれが難しいこともまた、承知しているのだ。。

 

 

何しろわたしは、小さい頃から歯医者さんにお世話になりっぱなしでした。

本人的にはお世話になったというより、痛めつけられたり、怖いとか嫌な思いをした覚えしかないのだけど。

 

歯医者には保育園の頃から通っていたんじゃないかと思います。

 

小さい頃は治療を嫌がって暴れることもあったようです。

おぼろげですが、身体にネットをかけられたり、口を強制的に開ける器具をつけられた記憶があります。

 

あまりにわたしが泣きわめくので、母は待合室でハラハラしたり居たたまれない思いをしていたとか。

 

小さい頃は、所構わず地団駄を踏んだり引っくり返って泣くような子だったとも聞くので、昔は感情を素直に表現できていたんだなーと。
一体いつから・なぜこんなに抑圧的になってしまったのかと不思議な気持ち。

 

 

ようやく治療を終えても、半年後くらいのリコールではまた虫歯ができている。

別に歯磨きをサボっているわけでもないのに。

 

まるでいたちごっこ、理不尽この上ないですよね。

 

f:id:emustany:20220226143928p:plain

 

どうやらわたしは人より歯が弱いタイプらしく、小さい頃からフッ素塗布を毎回していました。

あんだけやったんだから、もっと強くなってくれよ。涙

 

恐らくわたしの歯の弱さは父からの遺伝によるもの。

父も歯が弱く、昭和の劣悪な虫歯治療の過去もあり、今はインプラントです。

 

インプラントに踏み切るにあたり、健康オタクの父は信頼できそうな歯医者を調べ上げたようです。

たどり着いたのは、実家から片道3時間弱かかる歯科医院。

 

通う大変さはあっても、父は満足しているようだったので、わたしもそこで歯科矯正をすることにしました。

その後、わたしの矯正担当医(父の担当医とは別)は東京に開業することになり、今に至ります。

 

f:id:emustany:20220226143646p:plain

 

歯医者はやっぱり嫌いです。

できることなら、もう一生行きたくない。(´_ゝ`)

 

でも、今の歯科医は歯科矯正から5年以上お世話になっていますが(←途中行ってなかったやん)、治療に迷いがなくて速いし、腕は確かだと信頼しています。

 

結局はこまめに通う方が、経過観察で済んだり、大事にならないんですよね。

知ってる。それは重々わかってる。

 

結局歯医者から逃げることなんてできなそうなので、これからも長い長い付き合いになるんでしょうね・・・。

先生は10歳くらいは年上と思われるので、いつか引退しちゃうのが怖いな。

 

今後は、今以上に歯医者嫌い(あるいはそれを飛び越えて歯医者恐怖症)にならないよう、また気を引き締めて次のリコールまでしっかりケアしていこうと思います。

 

 

 

最後に今一度言っておきましょうか。

 

歯は大事。
歯は投資。

 

洗面台とトイレにでも貼っておいてください。笑

 

 

ではまた。

 

 

●うわごとのように「歯医者行かなきゃ」と言い続けてきました。苦笑

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◎自己紹介もご覧ください。(´▽`)
★ 自己紹介 ★ カテゴリーの記事一覧

◎休職経験のまとめ記事はこちら!
★ 休職まとめ ★ カテゴリーの記事一覧

◎よければポチッとお願いします!
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
【人気ブログランキング