Web Analytics Made Easy - StatCounter

100点やめて60点を目指す ご自愛ブログ

2020.4に休職、「薬を使わないうつ病治療」を経て、2022.4に正式復職。自分を育て直す旅が始まりました。

【休職90日目】苦さもまた一興|8ヶ月ぶりの美容院

今日もあわよくば「わたしの好きなアイス」のお題に乗っかろうかと思ったら、お題が変わってしまいました。

まだまだ話せるよ!なんなら夏の間はずっとこのお題でもいいよ!と思ったemustanyです。

 

・・・ごめんなさい、嘘つきました。

夏の間ずっとはさすがに自信ないです。

 

 

 

懲りずにアイスの話をしてみる

アイスブレイクがてら、ということで。

 

昨日の記事の最後、

こうなると明日はピンクグレープフルーツかしら。

と書きました。

 

有言実行(?)、もちろん食べましたよ。

アイスの実 ピンクグレープフルーツ』を。

 

 

思えば果物としてのグレープフルーツを久しく食べていない気がします。

母が好きでよく買っていたので、実家にいる頃は比較的食べていたのですが。

 

うーん、たぶんあれだ。

あのギザギザスプーンがないからだ。

 

グレープフルーツの食べ方って、みかんのように剥くか、↑のように横半分に切ったものをギザギザスプーンでほじって食べるかですよね。

母は比較的剥くことも多かったですが、子どものわたしが好きだったのは横半分にする方でした。

 

そうそう、たしか友達から教えてもらったんだったと思うけど、砂糖をまぶして食べるのも好きでしたね。

これをやると母には嫌がられたのを覚えています。

 

母は学生時代(1ドル360円とかいう時代)にイギリスに短期留学していたのですが、その時よくグレープフルーツジュースを飲んでいたらしい。

その味は、日本のよくあるグレープフルーツジュースのような甘さがメインの味ではなく、果物本来の苦味が強いものだったとか。

 

なので、母にとってはグレープフルーツ=苦さを楽しむものであり、砂糖をかけるなんていうのは邪道だったようで。

 

 

 

散々この話を聞き、その嗜好に合うジュースを飲んできたせいか、わたしもグレープフルーツジュースにはある程度の苦味がほしいタイプです。

 

で、今日いただいたアイスの実 ピンクグレープフルーツ』は一体どうだったのかといいますと、

 

 

 

 

・・・ありました、苦味!

 

もちろんアイスとジュースは同じじゃなくてもいいのですが、甘いだけじゃないところに好感を持ちました。

欲を言えば、もっと苦くてもいいくらい。

 

そもそもグレープフルーツとピンクグレープフルーツで多少違うのでは?と思って、グーグル先生に聞いたら、案の定でした。

ホワイトグレープフルーツは、ピンクグレープフルーツに比べて苦み香りが強いことが特徴です。

 

 

そういえばグレープフルーツのアイスって見かけないけど、甘みが弱いアイスは売れないのかな。。

 

 

 

約8ヶ月ぶりの美容院へ

本来こちらをメインに書くつもりだったのに、ほんのちょこっとアイスの実の話をするつもりが、思いのほか長くなってしまいました。汗

 

4日ほど前の記事で「明日まずは予約するぞ!」と宣言していた美容院ですが、 

emustany.hatenablog.com

 

 

本日行ってまいりました。

 

最後に行ったのが10月末なので、実に8ヶ月ぶり!

いやー、こんなに期間が空いたことってあったかしら。。

 

 

担当美容師のSさん、腰を手術してお休みと聞いていましたが、実際聞いてみたら第三腰椎の粉砕?破裂?骨折だったとかで、わたしが前回切ってもらった3日後にやっちまったらしいです。

 

バキって音がしたって・・・ヒィィィッ!!!!

 

 

結局手術はしていないそうで、最初は家で安静にして過ごし、2月くらいからは通勤で歩くことをリハビリとして徐々に回復してきたとのことでした。

人間ってそんなもんで治っちゃうんだね、すごい。。

 

でも腰って場所が場所だけに、下手したら美容師辞めてたかもしれない。

本当に回復されてよかった。

 

 

で、髪についてはこんな感じで。

  • カット
     毛先4cmくらいカット、ボリュームを調整
  • カラー
     毛束感が出るようハイライト、毛先は少し明るめに
  • トリートメント
     ダメージケア+保湿(ケラスターゼ)

 

最初、カラーの相談をたっぷりさせていただきました。

たぶん30分くらい(以上?)、あーでもないこーでもないしてた気がする。。

 

 

今回は休職期間というのもあって、少しいつもと違う感じ・普段だったらできないような髪にしたいというのがありました。

 

真っ先に思いついたのは金髪ですが、さすがに30代後半になってキンパも・・・ねぇ。 

ダメージもすごそうだし、顔的に絶対似合わないし。苦笑

 

次に思ったのはパーマ。

わたしの髪は髪質的(やや硬い)にパーマはかかりにくいとSさんにずっと言われていました。

似合わないかもだし、すぐ落ちちゃうかもしれないけど、人とそんな会わない今だからこそやっちゃう?!とも思ったのですが、いまいち踏ん切りがつかず見送りました。

もしパーマかけても、人と会わないと毎日くしゅくしゅってセットしたりしなそうだし。汗

 

じゃぁカラーで全体染めじゃなくて ハイライト、というところまではスムーズだったんだけど、そこからが長かった。

毛先だけ明るくするパターン、後頭部〜襟足にかけて髪の内側だけ明るくするパターン(名前忘れちゃった)、全体的にハイライトを入れていくパターンのどれにするか。

わたしとSさんのイメージがなかなか重ならず、画像検索したりカラー表?を見て話をしたり。

 

 

最終的には全体的にハイライトを入れていく形で決定し、あとはもうSさんにおまかせしました。

 

当日の出来栄えとしては、なかなかいい感じに仕上がったと思います。

カラーは染めてから落ち着くまで1週間ほどかかると思うので、1週間後にどんな感じになっているかちょっと楽しみです。

 

 

冬からずーっと気になっていた髪がようやく整って、すっきりしました。

もっと早く行けばよかったと思わなくもないけど、Sさんの回復状態とかコロナの状況とか考えると、これでよかったかなと。

 

 

 

さて、明日は心療内科行く日です。

 

休職してからほぼ丸3ヶ月(=延長前の当初の休職期間満了)経ちますが、少しは前進しているのかな。。

明日また書きたいと思います。

 

 

*おわり*